読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

divが終わりを告げる頃

divが閉じるというなら、また新しくdivを作ればいい

ビバリーヒルズバーガーを食べてみた マクドナルドの新バーガーを食べた感想・レビュー

f:id:niyokoster:20120307142428j:plain

7日、マクドナルドの「Big America」シリーズの第4弾として、「ビバリーヒルズバーガー」が発売された。

 

マクドナルドにしてはちょっと高めの値段に設定されたこの新バーガー。

 

どんな味なのか、レビューしたいと思う。

 

  

まずは、どういったハンバーガーなのかマクドナルドの売出しコピーをみてみよう。

 

 

f:id:niyokoster:20120307142506j:plain

アボカドと、コクのあるシーザーソースの陽気な出会いが楽しめる「ビバリーヒルズバーガー」。

ビバリーヒルズがあるカリフォルニア発祥の「シーザーサラダ」をコンセプトに開発しました。

 

ジューシーなビーフを、レタスとオニオンが引き立てる爽やかなおいしさが特徴です。

 

セレブが暮らす憧れの高級住宅街のイメージを、マクドナルド商品としては初めて使用するアボカドソースと、濃厚なシーザーサラダソースで表現した一品です。

(McDonald's Japan メニュー情報)

 

 

なるほど。アボカドソースか。

 

オニオンがどう入っているのかも気になるところ。

 

 

f:id:niyokoster:20120307142703j:plain

 

 

包みを開けてみると、目につくのはバンズをはみ出す肉の大きさ。

 

レタスもたっぷり入っていて、その下に揚げたカリカリのオニオンが入っている。

 

 

f:id:niyokoster:20120307142715j:plain

 

 

バンズを開いてみると、溶けたチーズが食欲をそそる。

 

そのチーズのオレンジの中に見える緑色のソースがアボカドソース。

 

では食してみます。

 

 

 f:id:niyokoster:20120307142726j:plain

 

 

一口食べてみると、まずはビーフの味、目玉焼きの味がする。

 

そして次第に、チーズが香ってくる。

 

よく噛んで飲み込んだ。

 

ソースの味がそんなにしなかったなと思いきや、かなり遅れてアボカドソースが香ってくる。

 

 

な、なんてツンデレソース!

 

 

アボカドソースがメインのように書かれていますが、その味が全面に出てくるってことはないようです。

 

冷静に考えたら、アボカドとビーフを一緒に食べたら、ビーフの味が圧倒するのは当然ですよね。

 

でも、高級住宅街・ビバリーヒルズの名前を冠しただけの“高級感”溢れる味だと思います。

 

 

よく味わって食べないと、このハンバーガーの美味しさには気付かないかもしれません。

 

という訳で、

「濃い味でガッツリ」を求めている人には、不向きなバーガーなのかもしれません。