読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

divが終わりを告げる頃

divが閉じるというなら、また新しくdivを作ればいい

アメーバピグが15歳以下のコミュニケーションを制限 事件多発でたユーザーとの交流を禁止へ

f:id:niyokoster:20120313220127j:plain

サイバーエージェント社が運営するAmebaサービス。

 

その中核ともいえる、「アメーバピグ」。

仮想世界で他ユーザーとコミュニケーションを楽しむことができるサービスだ。

 

現在、アメーバサービスの仕様変更などは「スタッフブログ」というブログで更新されることになっているが、そのコメント欄が未成年の苦情で炎上状態だ。

 

 

 サイバーエージェントは3月13日、コミュニティサービス「アメーバピグ」(PC版)と「ピグライフ」において、15歳以下のユーザーを対象に、4月24日から一部機能に利用制限を設けると発表した。

 

利用制限によって、全エリアへのおでかけや、ピグともの部屋や庭への入室、ピグとも申請、お友達招待といった、コミュニケーション機能が一切利用できなくなる。

なお、自分の部屋や庭でのアバターの着せ替えや模様替えは引き続き利用できるという。

 

今回の利用制限について、サイバーエージェント広報は「もともと18歳以上の利用を推奨したサービスとして運営していたが、ここ数カ月間に不正アクセス事件や、小中学生が罪の意識のないまま被害者や加害者になってしまう事件が発生していた。弊社としてもパトロールや看板を設置するなど啓蒙活動には力を入れていたが、さらにもう一段踏み込んだ動きが必要かと考え、このような決断にいたった」とコメントしている。

 

現在、両サービスは合計約1000万ユーザーに利用されており、このうちの14.2%が15歳以下のユーザーだという。

サイバーエージェントでは、同日より対象となるユーザーがログインしたタイミングで、利用制限についてアナウンスしている。

また、対象者は16歳の誕生日を迎えた深夜0時と同時に利用制限が解除されるという。

CNET Japan 3月13日)

 

15歳以下には何ともかわいそうな措置にも見えるが、アメーバピグを使っている人ならわかるだろうが、15歳以下のユーザーは学校のノリをそのままピグの世界にも持ってきている感がある。

それが悪いとは言わないが、ピグには13歳もいれば、25歳もいて、40歳もいるのだ。

自分の知っている世界のノリでは通用しない人の方が世界には多い、という事をまだ知らない。

 

この利用制限について、ネットのには「ゆとり」という言葉を使って貶している大人もいるようだが、そんなことはない。

今の15歳以下が他の世代に比べて劣っているなんてことはない。

現在の大人も小・中学生も同じくらい未熟だったのだ。

安易に世代を区切って、他世代を貶める大人もまた、未熟なのだろう。

 

不正利用などで利用が制限されるようになったが、おそらくこの先この制限が解かれる事はないだろう。

 

15歳以下では「人生詰む」「人生オワタ\(^o^)/」というのがリアルにはわからない。

例えば、25歳で他ユーザーのアカウントを乗っ取った場合、不正アクセス禁止法違反で捕まる。

おそらく職はなくなり、再就職も難しくなる。

ニュースで名前は全国に渡り、知らない人から笑われ、リアル世界の友達からは後ろ指を差される。

やっと職を見つけても高収入は見込めず、そうなると結婚もできるかどうか。

たった一回の「おふざけ」が、死ぬまでつきまとう。

 

未成年が他ユーザーのアカウントを乗っ取ったとしても、就職にまで大きな影響を及ぼすことはほとんどない。

悪いことをした時の「人生へのペナルティ」が、大人とは違いすぎる。

 

そういうのが15歳以下にわからないのは仕方がない。