読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

divが終わりを告げる頃

divが閉じるというなら、また新しくdivを作ればいい

大江健三郎賞に綿矢りささん 「彼女の文学生活のひとつの転機を記念する傑作」

美人過ぎる作家としても有名な綿矢りさが、大江健三郎賞を受賞した。

芥川賞を最年少で受賞した彼女だが、その後、書けない時期が続いたという。

気分転換に、アパレルショップ店員のアルバイトなども経験した。

 

そんな苦悩の末に書き上げた作品に、大江健三郎も「彼女の文学生活のひとつの転機を記念する傑作」と評した。

 

f:id:niyokoster:20120407191436j:plain

作家の大江健三郎さん(77)が選考する第6回大江健三郎賞(講談社主催)は6日までに、綿矢りささん(28)の「かわいそうだね?」(文芸春秋)に決まった。

 

綿矢さんは京都市生まれ。01年にデビュー、04年「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞。

 

受賞作は、恋人とその元彼女に振り回される女性の心情を描いた物語。 大江さんは「群像」5月号掲載の選評で「およそ信じがたいことが、(中略)たくみに読み手を納得させてしまう語り口で、現実のことに表現」されていると評価した。

 

大江賞は過去1年間に日本で刊行された文学作品の中から大江さんが一人で選考。受賞作は翻訳され、海外出版される。

(47NEWS 4月7日)