読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

divが終わりを告げる頃

divが閉じるというなら、また新しくdivを作ればいい

SNS上での勝手な情報公開に90%以上が「不快」と回答 友人とのSNS付き合いを見直す機会

f:id:niyokoster:20120412075029j:plain

前から気になっていた事。

facebookやアメブロなどのSNSで友人が写った写真・プリクラなどを公開している人は、友人などに了解を得て公開しているのかどうか?ということ。

SNSの売りには“リアルタイム”もあるので、わざわざ了解を得ているとは考えにくいとも思っていた。

トレンドマイクロが調べたところによると、自分の情報が写真や文章でアップロードされることに90%の人が不快に感じているとの調査結果が出た。

あなたは、了解を得て他人の情報を公開していますか?

 

セキュリティ・ベンダーのトレンドマイクロは4月11日、「SNSと携帯電話の利用におけるプライバシー意識調査」に関する結果を発表した。
その結果、facebookへの写真投稿前に本人の承諾を得るユーザーは約20%にとどまり、友人・知人による勝手な情報公開に90%以上のユーザーが不快に感じていることが明らかになった。

同調査は18歳以上の日本国内インターネットユーザー(男女)を対象に、Webアンケートによって行われた。調査期間は2012年3月28日~2012年3月29日で、有効回答数は618名。

調査によると、facebookの使用目的の1位は「友人・知人の近況を知る」で75.4%、2位が「日々の出来事を友人・知人と共有する」で、51.1%となった。
トレンドマイクロでは、「積極的にコメントや写真を投稿するユーザーよりも、それらの閲覧を目的とするユーザーのほうが多いとみられる」としている。

COMPUTER WORLD 4月11日)

 

同調査では、facebookで共有する際に51.3%が「自分のことや自分の写真だけを投稿している」、22.8%が「友人・知人も写った写真は投稿しない」と回答した。

しかし、「友人・知人も写った写真を投稿する際は必ず本人に断っている」と回答したのは、わずか24.1%だった。

 

誰だって、自分のイメージは自分で作り上げていきたいもの。

悪気なく自分と友人が写った写真をアップしたところで、それを見た第三者が友人に対してのイメージを悪くする恐れがある。

 

手軽さとリアルタイムを気に入ってSNSを使っているユーザーも多くいるだろうが、今一度、自分の使い方は大丈夫か振り返ったほうが良さそうだ。