読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

divが終わりを告げる頃

divが閉じるというなら、また新しくdivを作ればいい

日刊スポーツ「柔道女子57キロ級決勝 松本薫選手は反則勝ちでの金メダルです」 「え!?」

Twitterのタイムラインを見ていたら、こんなツイートが流れてきた。

日刊スポーツ「柔道女子57キロ級決勝 松本選手は反則勝ちでの金メダルです。」

 

ロンドン五輪、日本の金メダル第一号は「反則勝ち」だという。

でも、間違ってもないから困る。

何して勝ったの?

 

ロンドン五輪:柔道>◇30日◇女子57キロ級

松本薫(24=フォーリーフジャパン)が、コリナ・カプリイオリウ(ルーマニア)と対戦し、待望の金メダルを獲得した。

延長の死闘を制した松本が泣いた。日本女子では、銀メダル以上が1度もない激戦階級で、松本が重い扉をこじ開けた。

意外な結末だった。5分で決着がつかず延長戦に突入した。延長開始から約15秒後、松本が投げ技にいこうとした際だ。背後のカプリイオリウが、松本をつり上げ、松本のまた下から足を入れて内側から松本の右足を刈った。これが危険な行為とみられる反則技となり、松本に金メダルが転がり込んだ。

松本薫(まつもと・かおり)1987年(昭62)9月11日、石川生まれ。金沢学院東から帝京大を経て、フォーリーフジャパンに。10年世界選手権金、11年世界選手権銅。162センチ、57キロ。

(日刊スポーツ7月31日)

 

つまり、相手が仕掛けてきた技が危険とされる「禁止技」、サッカーでいう一発レッド。
それで松本が勝利したという。

「反則勝ちで金メダル」

なんとも誤解を招く言い方だね。

何はともあれ、松本選手おめでとう!